僕の友人はオナホールが大好き

僕の友人はオナホールが大好きなんです。いつもいつもオナホールの話ばかりしているんですよね。
この間もファミレスで一緒にご飯を食べていたら、新しく購入したオナホールの事をずっと話していました。
どうしてこんなにオナホールに夢中なのかなって思うんですけど、そんなに気持ちが良いものなのかなーといつも不思議です。

そんな事をウダウダと話をしていたら、注文していたオムライスをウェイトレスが持ってきました。茶髪の髪の毛で根元のほうが伸びてきた髪の割合が多くなってプリン状態というやつになっている女性だったのですが、まぁわかりやすくいうとちょっとヤンキーみたいな感じですね。

その女性とファミレスの制服がどうにもミスマッチなんですけど、そのギャップがまた可愛いなと思ってずっと見てたんですよね。

それでその女性が片手に湯気のたったオムライスを持ってきてテーブルに慣れた動作で置いたときに、ちょうど友達がオナホールという言葉を口にしてて、それを聞いたその女性の表情が変わったんです。

ちょっと眉毛をピクッとさせて、不快感を感じているような目になったのを僕は見逃しませんでした。
あーあ。こいつやっちまったなと友達に思ったんですけど、友達もオナホールという言葉を聞かれたのが恥ずかしくなったのか、目がキョロキョロして、その女性を見て苦笑いしたんですよね。

それがまた僕から見ても気持ち悪いなというくらい不自然な苦笑いだったんですよ。

それでそのウェイトレスの表情を見たら、無表情になっていて、それでそそくさとその場を立ち去っていきました。

その時に友達が話していたオナホールがこのA10サイクロンSAだったんです。

からだによいこと

昨年、体調を崩してから「からだによいこと」を取り入れることに意識するようになりました。
書店に行けば「健康」に関する本もたくさん並んでいますし、インターネットやテレビでも健康に関する情報はたくさん得られます。
でも、日常生活に溶け込みやすいことでないと、あらためて何かをするというのは長続きしないもの。
「あらためて何かを始める」のではなく、今までの生活を見直すことをしています。
分かっていてもやれていなかったこと、ってたくさんあるんですよね。
それをひとつひとつ本来のカタチに戻していく作業。
これもなかなか根気のいることではありますが目下実践中です。

まず、規則正しい生活。
深夜0時までには床に入って朝も規則正しい時間に起きる。
夕食後にテレビをだらだらとみてしまうと案外深夜0時なんてすぐにやってきます。
テレビをだらだらつけっぱなしにしておくことを意識的にやめると、なんとか0時までに眠りにつく状態に至ります。

そして、入浴。
1日の疲れを取ってくれる入浴ですが、本当に疲れている時や眠い時はお風呂に浸かるのも面倒でシャワーをざっと浴びて早く寝てしまいたいと思いますよね。
シャワーに慣れてしまうとお風呂を溜めたりすることも面倒に感じてしまって、「入浴」に時間をかけることがなくなってしまいます。
わたしもずっとそうでした。お風呂に入ると言えば、温泉旅行にでもいくか、スーパー銭湯に行ったときくらいで、自宅でお風呂に入ることはほとんどありませんでした。
そこを見直しました。「0時までには床につく」のと同じですが、だらだらとテレビを見てしまうとお風呂に浸かる時間はなくなってしまいます。
テレビを早めに消して、お風呂タイムを確保できるようにしました。
面倒だな、と思う日でもお風呂を溜めてしまったら入るしかないので、とにかくお風呂を入れるようにしています。
これで、深い睡眠もできるようになった気がします。

最後に、食。
お菓子をはじめ甘いものをなるべく食べないようにしました。
残業が続いてストレスが溜まってくると、ついつい、デスクワークをしながら甘いお菓子を口にしていました。
チョコレートをひと箱、いっきに食べつくしてしまったこともあります。
お菓子を買うことをやめ、手元になければ食べなくなる…糖分は麻薬のようなもので欠乏するとカラダが欲するようです。
確かに「断・糖分」を始めた頃は糖分欠乏症のように甘いお菓子が食べたくてしかたありませんでした。
でも、お菓子を控える生活をスタートして半年。それほど口にしなくても平気になりました。
たまにケーキを食べようとすると、1カット食べるのも大変なくらいです。
「断・糖分」と同時に、洋食から和食中心の食生活に切り替えました。
トースト、ヨーグルト、コーヒーだった朝食から、白米、味噌汁、浅漬け、佃煮という和食に変えました。
朝から茶碗一杯の白米を食べるというのは、最初はとっても重くておなかが苦しい感じだったのですが、今では、朝からガッツリ茶碗一杯を平気に平らげることができます。
昼食もおにぎり、夕食もほぼ煮物などの和食にしたことでカラダの調子がよくなりました。
以前は、「イタリアン」や「フレンチ」などおしゃれなお店でランチやディナーをすることが楽しみでしたが、今は、あまり洋食に魅力を感じなくなるほど、体が脂っこいメニューを欲しがらなくなりました。
それよりは、おいしいお刺身や天ぷら、懐石料理が気になるこの頃。
地元のファーマーズマーケットで新鮮なお野菜を調達して作る和食は最高においしいです。
和食の方が素材の味を楽しめるようにも思います。

健康のために新しいことを始めることもとっても良いことですが、まずは、日常の生活を見直すことが何よりも長続きの秘訣ですね。

カジュアルイタリアン トラットリア パラディーゾに行ってきました♪

スイーツパラダイスがプロデュースするイタリアレストランに行ってきました。
千葉県の流山に3月にオープンしたばかりのトラットリア パラディーゾです。

こちらはケーキとワインに力を入れていて、スイーツパラダイス同様ケーキの食べ放題のメニューがあります。4月にスイーツパラダイス柏店に行ってきたばかりですので、二つのお店を比較して感想を書いていきたいと思います。
パラディーゾのランチはパスタやピザなどのメインに+ケーキ食べ放題(680円税別)をつけることが出来ます。
オススメコースだと1280円でパスタかピザ、サラダとケーキ食べ放題もついてくるのでとってもお得です。
その日のオススメパスタはアラビアータ(600円)だったのでちょうどサラダ分だけお得といった感じでした。(休日だったからかもしれませんが)
パスタは600円から950円くらいまでメニューによって価格が違います。
今回はオススメパスタとアスパラと小柱のジェノバ風を頼みました。
スイーツパラダイスだと全部食べ放題で1530円です。

ドリンクも飲み放題なのですが、飲み放題の種類が少ない!お水、烏龍茶、コーヒー、紅茶くらいでジュースもないのか!とちょとびっくりしましたが、後からオレンジジュースだけ増えていました。(有料のソフトドリンクの種類はもう少しあるようです) パラディーゾはワインに力を入れていますので、ワイン飲み放題メニューがありました。
スイーツパラダイス柏店は紅茶専門店でもあったので紅茶の種類が豊富でとっても美味しかったです。今回も期待していたのでちょっと残念でした。

さて、メインが運ばれてきました。パスタの麺は二店とも同じものを使っているようですが、やっぱり出来たてのほうが美味しいです!
アラビアータは名前の通り、唐辛子がピリっときいていました。ジェノバ風は思ったより薄味で、マイルドなお味でしたが小柱もアスパラも美味しかったです。
バイキングのように具が前の人に取られて殆ど無い・・・・ということがないのが良いですね。
そういえば、パスタの量は同じ値段でSS(80g)~LL(160g)まで選ぶことが出来ます。あまり多くするとケーキが食べられなくなってしまいますけどね!

ケーキは常時10種類以上出ていたと思います。モンブランやショートケーキはちゃんと一人分ずつ包装してあるのが印象的でした。
ゼリーやプリンなんかもあって、見るたびに少し内容も変わっていました。
スイーツパラダイスと内容的にはそう変わらないと思いますが、パスタである程度満たされているのでケーキが余計に美味しく感じました。
前回、最初からケーキを食べていたら想像以上に甘味の量が食べられず、パスタに逃げていた経験があるので、やっぱり順番は大事だなと感じました。

美味しいパスタを食べながらケーキも、という方にはパラディーゾを、とにかく甘いもの(量)が食べたい!ドリンクも色々選びたい(パスタは殆ど食べない)という方にはスイーツパラダイスをオススメしたいなと思いました。